お問い合わせ

竹原書院図書館について

開館時間・アクセス方法

◆開 館 時 間  
  午前10時~午後6時
◆休 館 日  
 毎週月曜日・毎月末日(館内整理日)  
 国民の祝日(文化の日を除く)  
 蔵書点検期間(秋季の内、1週間)  
 年末年始(12月28日~1月4日)
◆所 在 地  
 〒725-0012   
 広島県竹原市下野町3308番地 
 TEL 0846-22-0778  FAX 0846-22-1072


名称の由来

当館は寛政5(1793)年に頼春水ら郷土の先賢によって、商家の子弟のための郷塾として設けられ、明治43(1910)年に町の有志の手によって、社団法人「竹原書院」の名称で図書館活動として受け継がれました。 昭和4年には社団法人「竹原書院」から竹原町立の図書館「竹原書院」となり、昭和33年の市制施行により、「竹原市立書院図書館」に、その後条例整備に伴い、今日の名称「市立竹原書院図書館」となりました。


竹原書院図書館の歴史

市立竹原書院の歴史は古く、寛政5(1793)年にさかのぼります。17世紀中期、赤穂の技術を導入し、竹原で塩田が開発され、17世紀後半には「竹原塩」の名で知られ、その経済的基盤が文教的な風土を生み、儒学者、医者、歌人など町人学者を輩出しました。その1人である、医師塩谷道碩は、子弟に儒学を教授していましたが、明和元年(1764)年に逝去し、竹原における学問の場が一時失われました。 寛政5(1793)年、道碩の子弟であった賴春水・春風、町年寄小倉屋籐左衛門ら有志による郷塾「竹原書院」が開講されました。これが竹原における図書館史のはじまりです。 しかし、文化10(1813)年、火災類焼により焼失、以後、明治43(1910)年に社団法人「竹原書院圖書館」結成まで、再興がかないませんでした。この竹原書院時代から200年余りの伝統ある、現竹原書院図書館には、江戸時代の製塩業関係古文書、竹原の風俗を書いた和本、古地図などの資料が今も受け継がれ、収蔵されています。

たけはら美術館企画展「竹原書院所蔵品展」リーフレットより

施設案内

  • 開館時間・アクセス方法
  • 名称の由来
  • 竹原書院図書館の歴史
ページのトップへ戻る